Point8:パートナーの女性に、他の単独女性に声をかけさせよう!

誰でも簡単にハプニングバーでエッチな主役になれる10のポイント

誰でも簡単にハプニングバーでエッチな主役になれる10のポイント > ハプニングバー攻略情報 > Point8:パートナーの女性に、他の単独女性に声をかけさせよう!

Point8:パートナーの女性に、他の単独女性に声をかけさせよう!

いよいよ、何でも言うことを聞く(容姿の悪い)セフレを動かして、単独女性との交流を図っていきます。

ハプバー店員さんとの関係が弱い状態でイキナリこれを実行してしまうと、何度か美味しい思いができたとしても、そのうちお咎めがあるかもしれません。

でも、ここまでのステップを着実に遂行してきた方なら大丈夫です!思い切って攻め込みましょう♪

パートナー女性が会話を先導。まずは女性同士で世間話を♪

入店後はカップルでカウンター席に座り、お酒を飲みながらまったり会話を楽しむ事を定番にしましょう。

 

カウンター席に単独女性がいたらm自分が隣に座るのではなく、パートナーの女性を隣に座らせます。

 

まずは普通に世間話程度で良いので、とにかくパートナー女性から単独女性に話しかけてもらうようにしましょう。


単独で着ている女性もなかなか自分から積極的に男性に絡んでいける人は少ないので、居心地が悪そうに一人で飲んでいる女性が多いです。

 

女性から話しかければ会話を拒まれる事はほぼありません。

最初の会話の展開はパートナーに任せてしまってOKです。

 

お店にはよく来るのか?お酒が好きかどうか?だいたいの年齢は?等など、最初は当たり触りの無い会話になると思います。

 

この時点で無理に会話に加わる必要はありませんが、少し会話が続いたタイミングでパートナーとしての自分を紹介してもらいましょう。

 

この時点でもまだガマンです(笑)軽い自己紹介程度で、会話はまたパートナーの女性に任せます。


2人が知り合ったきっかけを聞かれなくても必ず話すようにしましょう。

 

出会いのきっかけは出会いサイトと正直に言うのではなく、共通の知り合いが居て飲み会で知り合った等、自然な出会いという事にして下さい。

 

そしてココが重要なのですが、彼氏・彼女や夫婦という関係ではなく、SEXの快楽や性的な趣味や追求するパートナー的な関係である事をしっかり伝えて下さい。

ここから徐々に会話をエッチな展開に!

筆者の場合、出会いのきっかけと2人の関係性を説明した段階で、エッチな会話に方向転換していくパターンがほとんです。

パートナーの女性に、自分とのエッチの話や、アブノーマルなプレイの話などをしてもらいつつ単独女性の経験や趣味などについても質問させます。

 

自分たちの性に対する姿勢や実際の経験をオープンにする事で、女性側も自分自身の経験や願望を話しやすくなります。


ハプニングバーに来る女性は、Mっ気のある女性も多いので、調教系の話に興味を持つ方も多いですね。

 

パートナーの女性に会話させるべき内容は

 

【1】カップルとしてのアブノーマルの経験

【2】恋愛感情は無い割り切った関係という事

【3】調教などM女性として快楽

【4】自分(パートナー男性)がいかに経験豊富で女性を楽しませられるか

 

等です。

 

逆に相手の単独女性に話させるべき内容は

 

【1】SかMか?自己分析

【2】3P・SM・野外などアブノーマルのエッチの経験

【3】どんなエッチが興奮するか?または願望

【4】感じやすい部分はどこか?

 

などが良いと思います。最初はSかMか等のベタな内容から徐々に具体的な経験や、エッチな願望等の話をさせます。

 

エッチな会話に入ったタイミングで男性側も積極的に会話に加わっていきましょう。

ほとんどの女性がこういった会話をする事自体に興奮を覚え、エッチな気持ちが高ぶってくると思います。

 

この段階でパートナーの女性から単独女性にソファー席へ誘わせれば、高確率でソファー席への移動が成功します!!

 

ソファー席へ移動する時点で、女性もほぼその気です♪パートナーの女性に、女性の身体や陰部を触らせても良いですし、自分とパートナーとの絡みを見せつけるだけで、同席した単独女性とのエッチなプレイも100%に近い確率で行えますよ(^O^)

ダメ押しに!誰でも簡単にS男性と信じて・感じてもらえるテクニック♪

上記までの流れで、単独女性を落としてSEXするには十分なのですが、ここでエッチな展開のダメ押しになるテクニックを紹介します。

 

単独女性に、S(主)とM(従)の関係を意識させると、ソファー席への移動や、移動後のエッチな展開がよりスムーズになります。

 

その簡単な方法がすごく軽めの暗示(マインド・コントロール)です。


具体的な内容、手順としては

 

【1】思い込めば手も性器になる!という話をする

【2】パートナーの女性に手が性器であるという暗示をかける

【3】パートナーの手をグーにさせ、エッチな触り方をする

【4】パートナーが感じ、声を出して喘ぎだす

【5】女性の握った手に、指を挿入して動かす

【6】挿入されているかのようにパートナーが興奮し激しくあえぐ

 

コレです!!(笑)

まずはパートナーでこの流れを見せつけ、単独女性にも同じことを実行して下さい。

 

今までの会話の興奮、目の前で行われた光景への興奮、調教・アブノーマルへの興味からくる興奮、
色々な感情が手伝って、かなりの確率で単独女性も暗示にかかってしまいます。

 

空気を読んだ演技などではなく、本気で感じます!

ちなみにパートナー女性もサクラ的な演技ではなく毎回本気で感じています(笑)

 

このテクニックを実行すれば、パートナーと自分ほどではありませんが、対象の単独女性も自分にそれなりに陶酔してくれる状態になります。

パートナーを使った単独女性とのエッチに慣れてきたら、このテクニックにチャレンジしてみるのも良いと思いますよ。