Point4:パートナーとアブノーマルなエッチを!!

誰でも簡単にハプニングバーでエッチな主役になれる10のポイント

Point4:パートナーとアブノーマルなエッチを!!

出会い系サイトで出会った女性をただのセフレではなく、何でも思い通りにできるセフレにする事ができたら、いよいよハプニングバーで楽しい思いをする準備は整ってきました。

ただ、すぐにハプニングバーに行くのではなく、さらに今後のハプバー活動を有利なものにするために、アブノーマルのプレイ経験を積んでおく事をオススメします。

ハプバーでの出会いやハプニング率を増やすには、SM系の経験が理想

ハプニングバーには様々な性的趣向を持った人が集まりますが、一番多いのがSM系のプレイに興味が深い人です。

 

ドM傾向の強い女性も多く来店するので、精神的、肉体的な調教を求めている女性に対し、SM・アブノーマルの経験をアピールできれば興味を持ってもらいやすくなります。

 

そこまでハードなものである必要はありませんが、セフレと目隠しや縄での拘束等のプレイを実践し、それを写真に残しておく事で、ハプバーでの強力なアピール材料になります。


写真等の証拠付きでアブノーマル経験をアピールすると何が起こるか!?

ハプニングバーで写真等の証拠付きでアブノーマル経験をアピールする事ができれば、かなり美味しい展開が待っています。

 

まず単独女性についですが

パートナーとカップル入店し、話の流れでプレイの写真などを見せる事ができれば、Mっ気の強い女性の興奮度はかなり高まります。

この状態で、パートナーの女性から単独女性に「ソファー席の方でゆっくり話そうよ」と気軽な感じで誘ってもらえば、かなりの確率で3人でソファー席へ移動できます。


ここまでくれば3P的な展開は確定に近いですね♪お店である程度まで盛り上げて、ラブホに移動でも良いと思います。

 

単独男性として入店し単独女性に写真を見せるところまでいければ、落とせる可能性は上がりますが、パートナーに動いてもらうのが最善の策です。

 

次にカップルの場合ですが、基本的にカップルで入店されている方はそれなりにアブノーマルの経験がある方も多く、
アブノーマルの経験も無いのにただエッチをする事だけを目的に寄ってくる男性をかなり嫌います。

カップルとしてアブノーマルの経験がある事をアピールできれば、同じ性的趣向を持つ仲間として認められ、そこで始めてスワッピング等の対象として考えてもらえるようになります。

スタッフにもアブノーマル経験を徹底的にアピールしておこう!

アブノーマル経験のアピールは、お店のスタッフさんにも必ずアピールしておきましょう。

単独男性としてもカップルとしても常連と認められてからの話ですが、スタッフの方に自分の趣味や経験をしっかり知っておいてもらえると、その後のハプバー活動に良い影響が出てきます。

 

お店を盛り上げるために、スタッフさんが他の常連客に自分たちの事を紹介してくれたり、会話のきっかけを作ってくれる事もあります。

また、自分やパートナー女性が入店していない時でも、他の常連客や単独女性との会話のネタとして、「こういう人がいる」というように、自分たちの事を話題にしてくれたりします。

スタッフさんが事前に話をしておいてくれると、実際にお店で会った時にかなり話しやすくなりますし、仲良くなりやすいので、本当に有難いですよね。

 

なお、お店の特性上、他のお客さんの事をペラペラ話すのは自粛するスタッフさんも多いので、自分たちの事は話のネタにでもドンドン話題にしてくれて良いという事を伝えておきましょう(^O^)